最低と最高の中間

今、私が気になることの殴り書き

手帳・朝ドラ・コストコ

朝ドラ『わろてんか』ネタバレ感想第1週 第4話

わろてんか 第1週第4話のあらすじ

 てん(新井美羽)は祭りで出会った藤吉(松坂桃李)のことを思い出すと、胸のドキドキが止まらない。さらに「笑いの色は何色?」という藤吉から出された謎かけの答えを考えるがわからず、てんは兄・新一(千葉雄大)に助けを求めた。ある日、台所の酒が夜な夜な減っていくという事件が起こる。犯人と疑われた風太鈴木福)は疑いを晴らすため、てんと二人で夜中に台所で張り込むことにした。すると現れたのは意外な人物だった。

 

福くんが大人っぽい 

 芦田愛菜ちゃんの成長にも驚かされたけど、鈴木福くんも、ふとした表情が大人びてきて、ドキッとしますね。
 てんちゃんと二人で、台所のすみに隠れていた時の顔が、特に成長を顕著に感じた。
 そして関東出身の出演者の中でも、福くんの関西弁が一番うまい。子供は外国に移住しても、大人より頭が柔らかいので、すぐに現地の言葉を覚えるというけど、それと同じ原理で、福くんもすぐに関西弁をマスターしたのだろう。

 

イヤイヤYO~!!(初回限定盤)(DVD付)

てんちゃんの振り袖

 昨日、一昨日は、お祭りの日だから、てんちゃんは振り袖を着ていたのかと思って見ていたけど、そういうわけでもなくて、デフォルトで普段着が振り袖なのね。頭のものも、かんざしやら何やら、ごちゃごちゃいろいろついてる。どんだけのおひいさまやねん。
 あの時代、いくら裕福な家庭でも、子供の普段着に振り袖を着せて半襟も派手派手てありなの?着物のことは詳しくは知らないけど、いくらなんでも「てん」の普段着が、船場に嫁ぐ(・・・んだよね、ドラマでも?)前から「細雪」しているのはどうなのか。

細雪[東宝DVD名作セレクション]

 実際の吉本せいは、貧しいわけではないけど、決して裕福ともいえない環境で育った。
 せいの父親は、代々続く商売を親から引き継いだわけではなく、一代で米穀商の看板を掲げて成功しただけに、経済的には苦しい時もあったと思う。せいも、ぎりぎりで「良家の子女」ではあったかもしれないけど、兄弟は多いし、自分も奉公に出されたり、家の商売を手伝っていたこともあったようなので、あんな「乳母日傘」な育ち方ではなく、もうちょっと荒々しかったはず。

 

吉本せいの生涯 (別冊宝島)

朝ドラメルヘン

 まだ幼いてんが、籐吉のことを思い出してキラキラするとか、本音では気持ち悪くて見ていられないんだけど、ディズニー映画と同じで、万人受けするにはこのメルヘンテイストが欠かせないのだろうと思って、耐えるしか無い。

 ああ、橋田壽賀子先生様。「おしん」や「女は度胸」「春よ、来い」は最初からどんよりして、なんだか不穏なものを孕んでいた。橋田壽賀子が原作脚本なら、必ず「いじめ」や「いびり」があって、どろどろして、ヒロインはとにかく忍耐を強いられて、そのはてにようやく恋愛や慶事が「ささやかな幸せ」的に待っていたものだ。
 橋田壽賀子吉本せいの物語をドラマ化するなら、もういきなり「家業がここのところうまくいっていないから、お前は奉公に出ろ」てとこから始まる気がする。そしててんは船場の商家へ奉公人として入り、いじめに合うのだ。朋輩や女中頭に泣かされて、学校にも行けず、涙に暮れていたところに「寄席」が大好きな呉服商のぼんぼんが登場し、彼女を励ます。数年後、父に強要されてお見合いしてみたら、なんとお相手はあの時の船場の呉服商のぼんやおへんか・・・・・なんだかんだ言って「どてらい男」や「おからの華」を物心ついた時分にとっくり観て育った私は、花登筺橋田壽賀子の「踏まれても踏まれても強く育つ麦のようなお人」テイストなドラマが大好きなの。

どてらい男(やつ) (MEG-CD)

 平成の今の時代のヒロインは、最初から「蝶よ花よ」で、明るく元気、楽しい未来が待っていないとダメなのか。ダメなんだろう。
 「春よ来い」は確か当時、朝ドラ歴代最低視聴率を叩き出してしまい、さらにヒロインの女優は途中降板したりして、散々な結果だった。「もう、橋田壽賀子の時代は終わった」とか言われて、日本中が「おしん」に涙した昭和の日々を懐かしんだものだ。

おしん

 でも私は暗いドラマが好きhuluで独占配信している野島伸司のドラマ「雨が降ると君は優しい」を文句言いながらも観続けている。そういう悲劇を観て心が浄化される現象を「カタルシス」て言うんだってね。そう、カタルシスが大好き。

 

 もっと暗い朝ドラが観たい。

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

 

朝ドラ『わろてんか』ネタバレ感想第1週 第3話

わろてんか 第1週第3話のあらすじ

 てん(新井美羽)の笑い禁止が解けないまま、薬祭りの日を迎えた。どうしても祭りの寄席に行きたい風太鈴木福)とてんは、こっそり小屋に紛れ込んだ。その帰り道、てんはガラの悪い男たちに追われて逃げる藤吉(松坂桃李)とキース(前田旺志郎)に出会う。そしてなぜか、てんと藤吉は二人っきりで祠(ほこら)に隠れるハメになるのだか、てんが持っていたチョコレートを、腹が空いたという籐吉に与えたことで、二人は心を通わせる。

続きを読む

朝ドラ『わろてんか』ネタバレ感想第1週 第2話



わろてんか 第1週第2話のあらすじ

 昨日の「わろてんか 第1話」の感想に引き続き、「第2話」の感想を書きたいと思います。

 第2話では父の儀兵衛(遠藤憲一)から笑い禁止を命じられたてん(新井美羽)が、母のしず(鈴木保奈美)から、父が今回の商談のためドイツ語を必死に勉強していたと聞かされ、大変なことをしたと気づき落ち込みます。兄の新一(千葉雄大)は、てんの笑顔を見ると元気になると言って励ましてくれますが、喘息の発作を起こし、倒れてしまいます。進学して、いずれは留学する夢があった新一ですが、医師からは「休学」をすすめられ、母のしずは落胆。一方くすりの神様に皆で感謝する「くすり祭り」の会場には「てんの運命を大きく変える男」がやってくるのでした。

 

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

 
続きを読む

朝ドラ『わろてんか』ネタバレ感想第1週第1話

第1週「わろたらアカン」あらすじ

 

連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 

  時代は明治後半。京都の老舗薬問屋の娘・藤岡てん(新井美羽)は笑い上戸な女の子だが、その“笑い”が過ぎて大切な商談を台無しにしてしまい、父・儀兵衛(遠藤憲一)から“笑い禁止”を言い渡される。年に一度の祭りの日、てんは丁稚の風太鈴木福)と一緒に寄席に行き、生まれて初めて落語や芸を見る。そこで楽しそうに大笑いする人々の姿を目の当たりにし、すっかり心を奪われてしまう。その帰り道、男たちに追われる青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、てんの人生は大きく動きはじめる。

NHKオンライン「わろてんか」より引用

以下ネタバレですご注意ください

続きを読む

この1年でKNOS(ノックス)のシステム手帳を4冊も買った私の話

手帳 ノックスの「ルフト」

 昨年、手帳にハマってしまって、この1年間であーでもないこーでもないと4冊ものシステム手帳を買ってしまいました。全部KNOX(ノックス)です。
 手帳にハマったというより、正しくはノックスにハマった・・・のかもしれません。
 大泉洋ヤスケンがいるのは北のSMAP「ナックス」・・・ごめんなさい、つまらない冗談です。

続きを読む

コストコへ電車で行くバカは私だ【その2】これが本当のコストコマジック?編

まとめ買いが大嫌いだった私

 先日めでたく(笑)コストコデビューした私。

コストコへ電車で行くバカは私だ【その1】入門編 - 最低と最高の中間

 最初はコストコの商品、何を見ても、
「無理無理、こんな大容量、いらないよ」
 と思った。

 私、元々「まとめ買い」とか「ストック」が嫌いなのだ。

続きを読む

コストコへ電車で行くバカは私だ【その1】入門編

コストコに電車で・・・

 前々からテレビでコストコが紹介されるたびに、
「行きたいなあ。でも車ないしなあ・・・」
 と思っていた。

 2017年2月25日放送のTBS「ジョブチューン」でコストコのおすすめ商品が紹介されているのを見た時も、他人事と思いつつ、行きたいなあとは思っていた。

続きを読む